家の害虫や害獣駆除は業者に依頼し早期対策しよう

鳩の駆除方法

人間社会と深く関わりあい共存する鳩

鳩はハト目、ハト科に属する鳥類の総称で、砂漠や高山、極地を除いた世界中のあらゆるところに生息しています。 古来より人の生活に密着した関係で、家禽として大事にされてきた鳩が街中に存在することは、人との長い共存関係の上で当然のことだといえます。 日本で特によく神社や公園などで目にする鳩は「ドバト」という種類で、生きるための対策として餌の半分以上を人間が与えたものや道に落とす食べ物を頼りにしていて、寝泊まりする場所や巣を作る場所もビルや都会の建築構造物を中心として生きています。 また人もかつては通信用、報道用の伝書鳩として利用しており、戦時中の連絡対策として導入することで重要な役割を果たしていました。 現在の家庭で飼われていることは稀ですが、人間社会と共存している鳥といえるでしょう。

人間社会と鳩が共存する上での危険性

人間の生活に密着している「ドバト」は人から与えられた餌や落とす食べ物を頼りに生きていますので、本来鳥が食べている木の実や小さな虫が存在する自然の中でなく、人間の生活エリアで生活をします。 当然、あらゆるところに生息している鳩は人間と同様にフンをします。鳩のフンは「悪臭を放つ」「ダニやゴキブリなどの害虫の発生源となる」「アレルギー物質や寄生虫や病原菌を媒介する」「金属を腐食させる」といった弊害を生みます。また羽を持った鳥ですので、いろいろなものを媒介し運んでくることにより、重大な健康被害を引き起こすウイルスを媒介する可能性もあります。 鳩のフンは放置すればこのような多大なリスクをもたらしますので、人間社会にとってはフンへの対策が必要となります。また、フンのみでなく、あらゆる場所に生息する鳩そのものに対しての鳩対策駆除業者なども存在します。